洗面ボウルの歴史について
トップページ
訳ありセール
送料について
Q&A
ドレスタオルプレゼント


洗面ボウルの歴史

そのアイデアは有史以前にまで遡ります。

ネアンデルタール人は偶然にも、何世紀にも渡る雨に

よって 侵食され、窪みができた大きな岩を洗面ボウル

として利用していました。
手洗い鉢のよう石
また、古代ギリシア時代には人工的な洗面器も

作られました。

さらに、ヤギの脂肪と灰から製造された石鹸も

作られ使用されていたようです。
洗面器で手を洗う女性(古代ギリシア時代)
19世紀の半ば、木製キャビネットに置かれたシンクに

タンクやバケツ から水を汲み上げて使用され始めました。

そのほとんどがスチール製でしたが、銅や

ニッケルシルバーという高価なものが裕福な家庭にだけ

使用されていました。
キャビネット付き洗面化粧台

配管を利用する現在のようなものは、ずっと後に

なってからです。

1829年、ボストンのトレモントホテルは、屋内配管を

持っている 最初のホテルとなりました。

1840年まで屋内配管は、大変高価だったため、

裕福な家庭と特定のホテルだけに使われていました。

ボストン・トレモントホテル
洗面ボウルは、これまで様々な材質で作られ、何が最適なのか工夫・模索されてきました。

例えば、1920年以前、重たい石やステンレスはとても高価だったので、洗面ボウルの素材としては使用されていませんでした。

この時代はステアタイト(ソープストーン)やスレート(粘板岩)が使用されていました。
ステアタイト(ソープストーン)
ステアタイトを使った洗面器
スレート(粘板岩)
スレートを使った洗面器
19世紀後半から20世紀初期まで、洗面・流しに大きな発展はありませんでした。

しかし、1920年代にモーネル社が市場に参入し変わっていきます。

彼らは軽量で腐食に強い、銅、ニッケル、マンガン、シリコン、炭素、鉄でできた洗面・流しを製作しました。

20年後、銅と鉄の需要は戦争のために高まり、ステンレス製流しが加わり、洗面・流しだけでなく調理台と

しても広く知られるようになりました。

陶器の洗面ボウルは最初1920年代に導入され

その硬いセラミック製(鉄の鋳造の代わりに)、白い内部

そして光沢のある外部によって人気となりました。
石、鉄、ステンレス、ホーロー、陶器、ガラス。
今日、洗面ボウルは様々な形状、様々な大きさ、そして様々な材質の物があります。

華やかで、可愛らしい洗面ボウルをinkc.jpで!!
洗面ボウルの商品ページへはこちらから!